タウリンの効果と副作用を考える

タウリンで得られる効果とは

エナジードリンクや栄養ドリンクなどに含まれていることが多く、一般の人でも名前は聞いたことがあるというケースが多い「タウリン」という栄養素があります。
このタウリンとはエビやカニなどの甲殻類などに多く含まれているのが特徴な栄養素で、特に肝機能に対しての修復効果があると言われています。幹細胞の機能を再生させたり、肝機能そのものを強化していくため、肝臓をイキイキとさせることが出来るでしょう。
肝臓は身体の老廃物を解毒、代謝させたりすることが出来るため疲労回復効果にも密接に関わってくるでしょう。そのためアルコールを飲みすぎてしまったときや、慢性的な疲労を感じている時に摂取するのがおすすめです。
また、血圧が上がってしまった時にタウリンを摂取すると血圧を下げる効果が期待できるため、高血圧で悩んでいる人は積極的に摂取してみると良いでしょう。また血圧が下がると脳への血流がアップするため、記憶力や学習能力を向上させたり、アルツハイマーといった病気を予防するために役立つのではと言われています。
更に現代人の多くが抱えるストレスや精神的な不安といった問題を解決する効果もあると言われているため、仕事やプライベートでストレスを感じて神経が昂ぶっている人はタウリンを積極的に摂取して気持ちを落ち着かせると良いでしょう。ストレスが原因の睡眠トラブルの予防や改善にも繋げてくことが可能です。
このようにタウリンには多くの優れた効果があり、積極的に摂取したい栄養素です。

タウリンの副作用について

タウリンとは、魚介類などに多く含まれるアミノ酸の一種です。人間の身体の中の筋肉や脳、網膜、心臓、肝臓などの臓器に多く含まれており、体内で胆汁の主要な成分である胆汁酸と結合してタウロコロール酸などの形で存在しており、消化を助けたり、神経伝達物質として働くほか、病気や老化の原因となる活性酸素や過酸化水素の働きを抑制します。
タウリンは体温や血圧など身体の状態や細胞を常に一定に保とうとする働きもあり、血圧やコレステロール、血糖値のコントロールがうまく行っていない場合タウリンが不足している可能性があります。
不足していると感じた場合には魚介類を積極的に摂取することをおすすめします。
タウリンはアミノ酸の一種です。そのため過剰に摂取した分は排出されることから副作用がない安全な成分だとされています。
しかし、医薬品として承認された際に行なわれた実験では、成人が一日3回、一回1gを食後に服用した場合には副作用として吐き気や下痢などの副作用が出るケースがごくわずかですがあります。
この成分のみの副作用としては、非常に安全といえますが、食品やサプリメントとして摂取する場合には、ほかに含まれる成分にも気をつける必要があります。魚介類の中にはコレステロールが多く含まれている物もあるため、タウリンが不足しているからと魚介類を過剰に摂取しているとコレステロールを過剰摂取していたということも考えられます。
食材で摂取する場合にはほかの成分にも気をつけて、サプリメントで摂取する時は用法用量を守って摂取することが大切です。

タウリンをサプリメントで摂取する

タウリンは様々な効果が言われていたりしますが、食べ物から効率よく摂取するのは難しかったりします。
そこでタウリンの成分が多く配合されているサプリメントを摂取するのも一つです。
牡蠣やシジミなどが配合されているサプリメントが多いですね。
そういったタウリンを多く含むサプリメントをこちらのタウリンサプリメント比較で紹介しているので見てみてください。

更新履歴